総務部 人事課

H.T 2007年 入社

"労務と教育" 社員が安心して働くための組織を創る

--今の仕事について詳しくお聞きしたいです。

2019年から人事を担当しています。
具体的な業務としては社会保険の手続、賃金の計算、その他庶務などを行っています。従業員が安心して働くことができる組織づくりを進めていくことが私のミッションです。空いた時間に採用計画を練ることもあります。

「人さまに喜ばれる私たちでありたい」という当社の経営理念を社外に伝え、共鳴してもらえる方に一人でも多く出会い、私たちの仲間として働いてもらいたいと願っています。

また、経営理念をまず自分自身で受け止め、隅々までいきわたるように、皆さんの声を反映して、働きやすい組織づくりを行っています。

個人の人間性を尊重してくれる会社

--応募者へのメッセージを教えてください。

現在の会社は20〜30代の層が薄いので若い方が入社してくれることを期待しています。転職組は入社して2〜3年で役職付になった方もいるので、これまでの経験やスキルを十分に活かせることができる環境です。

会社ですから、効率や収益性を追求して利益を出すのが大事ですが、従業員に対してそれを押し付けるような所ではないと思います。ですので、利他の精神を軸に、自己を律することが求められる職場です。

即戦力となるようなスキルや経験を持っていることは大事ですが、それ以上に重要視されるのはこれまでの人生経験や人間性だと思います。

先輩がきっかけで踏み込んだ出版社

--入社のきっかけ、入社して感じたことを教えてください。

現在、図書で編集長をしているY編集長の紹介で入社しました。当時はまったく違う仕事をしていて、転職を考えている時に相談したことがきっかけです。

正社員で入社したのはここで3社目です。他の会社と比較しての印象ですが、未経験でも暖かく見守っていただいて教えていただける環境ですね。皆で助け合う精神が強いです。

これは、以前所属していた新聞編集時代の話になりますが、取材に携わって多くの学びを得ることが出来ました。普段の生活では行けないような場所に足を運び、様々な方の知識やこれまでの経験を見聞きすることで新たな自分が見つかりました。

Y編集長から「体験が多い人ほど作り手になったときに活かすことができる」という言葉をかけていただいたことがありますが、この言葉は他の人にも伝えたいですね。

他の社員インタビューを見る